マタニティエステ 勧誘 断り方

MENU

エステの勧誘、どうやって断ればいいの?

エステに限らず、脱毛サロンでも体験に行った際には勧誘されることがほとんどです。

 

エステサロン側も商売ですから、体験で来店した方にはコース内容や料金についての説明、そして契約しないかとお話をしなくてはいけませんが、あまりにしつこいとこちらもどう断っていいのかわからない、困ってしまう、なんて方もいらっしゃいますよね。

 

では、エステ店での勧誘でどうやってお断りするのが良いのでしょうか。

 

まず、カウンセリングや施術中の会話に注意です。必要なこと以外はあまり喋らないほうが良いですね。
カウンセリングでは住所やお名前といった個人情報のほかにお肌に関していくつか質問がありますし、以前エステの経験があるかどうか、家族構成など施術には関係ないようなことまで聞かれることもあります。
例えば、独身で安定した収入がある、実家暮らしである、という情報があればエステ店側は勧誘対象としてみなし、契約を迫ってくるかもしれません。
「お金がない」と言えば、ローンを組むことを勧められることが多いので気を付けてください。

 

独身の方でも、結婚していると言っておき「こんなに高額だとは思わなかった」「一度主人と相談してみないと決められない」とその場では契約できないことを伝えましょう。

 

良いサロンでしたら、一通り説明しあとはご自身で判断を…と無理に契約を迫ったりはしませんよ。

関連ページ

良い勧誘と悪い勧誘ってなにが違うの?|マタニティエステ
別コースの紹介や化粧品の購入を勧めるような勧誘はどこのサロンでもよくあることなのですが、あまりしつこく勧めてくるようだと良い勧誘とは言えませんね。