妊娠中 エステ 時期

MENU

マタニティエステを受けちゃいけない時期ってあるの?

妊娠していてもマタニティエステを受けることができますが、妊娠すると自分でも驚くほどの体調の変化があります。
初期の頃はつわりがあり、ひどい方だとどんなにおいでも気持ち悪くなったり動けないほどだるくなったりしますし
水分を摂取しても気持ち悪くなって病院で点滴することになった、という方もいらっしゃいますよね。
また初期の頃は流産しやすい時期でもありますので、安定期に入るまでは
エステは受けないでいた方が安心です。
妊娠初期の流産はほとんどが受精卵の異常であり、お母さんがなにかしたから流産したというものではないのですが、実際エステを受けた後に流産になったら、誰もがご自身を責めるでしょうし
エステ店側でも妊娠初期の方への施術を避けているそうです。

 

マタニティエステやスイミングなどを始めても良いと言われる安定期頃になると
エステも受けても大丈夫。
ご自身の体調の良い日を選んでくださいね。

 

妊娠すると体重が増えたりむくみやすくなったり…
足のマッサージやフェイスマッサージで、リラックスを兼ねむくみケアしている妊婦さんも多数いらっしゃいます。
出産後しばらくは育児が忙しく、ご自分のことに手をかけている余裕もなくなるでしょうから
妊娠中にできることがあれば、無理のない範囲で楽しんでいただければ、と思います。

 

もちろん、担当の産科医やエステティシャンにもよく相談してください!

関連ページ

妊娠中に受けてはいけないマタニティエステって?
妊娠してもマタニティエステは受けることができますが、お顔や足などお腹に負担がかからない部位のマッサージのみにしておきましょう。痩身エステや脱毛施術も避けてくださいね。